「基本のキ」を大切にしよう

この週末は公式戦と練習試合がありましたが、残念ながら、連敗。

練習試合については、いつも実戦で投げない選手に経験を積んでもらう、いいトレーニングができたと思います。

ただ、公式戦も含めて、週末の試合は、内容がとても気になりました。

いつも思うのは、試合を作るのも壊してしまうのも、投手のコントロール次第ということ、それは普段のキャッチボールを自分で考えながら真剣にやっているか、ということだと思います。

相手のグローブを毎回狙って投げていますか?ちゃんと軸足に体重を乗せてから投げていますか?肘を下げずにいつも同じフォームで投げようとしていますか?監督やコーチから教わったことを直そうと考えながら投げていますか?

投手になれるコントロールを身につけられる人は、そういうことをコツコツと努力し続けることができる人だと思います。

投手に限らず、「練習で出来ないことは試合でも出来ない」とはよくいう話だけど、本当に練習で出来ているのでしょうか?

細かなサインプレイなどの話ではなく、ちゃんとキャッチボールができて、ゴロやフライを正確に取れて、きちんとしたスイングを思いっきりする。「基本のキ」をいい加減にしていないか。いちどみんなで考え直したほうがいいのではないか?と思わせる週末の試合でした。

いまの代表チームで活動できるのも、もう半年を切りました。悔いを残さないように全力でガンバろう!

【試合結果はこちらから】